格差を乗り越える強い女性たち

 格差社会と呼ばれている昨今ですが、その情勢の中でも常に発展を見据えたまなざしを絶え間なく行き渡らせている女性の方がいることでしょう。格差と聞くと、いかにも女性では男社会でやっていくことができないというマイナスのイメージがあると捉えていてもおかしくありません。しかしそんな中でも必死に頑張る女性たちはたくさんいます。たとえ、優秀な女性労働者が男性社員と比べられて格差をを思い知らされても、仕事に前向きに頑張っていこうとする姿勢がある限り、いつの日かきっと自分のような女性が仕事で欠かすことのできない存在として認められることを信じているのだと思うのです。自分を見失わないように自分に秘められた可能性を信じ続けていくことで、おのずと見えない伸び代に到達するための方向性が見えてくるようになるのではないでしょうか。
 貧乏人は暇なしという言葉に敏感になる瞬間というのは、格差という言葉を聞いたときではないでしょうか。世の中とは不公平なもので、人によっては大して努力していないのに、やたらと金回りがいい人がいるという不条理な話を聞くことがあります。女性においては一生懸命汗水流して仕事に力の限り尽くしているのに、依然として生活が楽にならない理不尽さに嫌気がさしてしまうことは多々あることです。それでも、強く生きていくためには、格差という障害に負けないくらいの気持ちを持ち、自分の給料が低いという理不尽さをバネとして歩みだしていかなければなりません。前向きな強い女性が増えることで、これからどんどん日本に女性の力が浸透していくのだと思います。